手しごと日記

日々の制作風景




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ハロウィン :: 2017/10/22(Sun)



住んでいる所の通りにある喫茶店や老舗お蕎麦屋さんなどあちこちに置かれているカボチャ
「あーそうか、ハロウィンね」

今までハロウィンは感心がなかったけれど、ここ界隈に住む小学生達がどこかに集まって
作って、お店の前を飾ってくれます。
大きいの、小さいの、様々なカボチャ。
作ったはいいけれど家に持ち帰ってこれが部屋にあってもーーー
それとも始めからご町内をカボチャで賑わせようとか・・・?
その辺はどうかはわからないけれど、頭のてっぺんに作者の名札が突き刺さった
かわいいカボチャがゴロゴロ並んでいて、道行く人たちの目を楽しませています。

今までは、紅葉、岩手山の雪、中津川の鮭、白鳥の飛来 でこの季節を感じて来たけれど、
昨年から私の中では、このオレンジ色の、目があってニカッと笑っている
しかも頭に名札の刺さったカボチャ・・・が季節の風物詩に仲間入りしてしまいましたーーー
夜はあかりが灯されていい雰囲気です。


スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | comment:0

今日この頃 :: 2016/07/03(Sun)



7月に入り梅雨のじめじめした今日この頃
振り返れば桜が咲いてお花見をした頃からあっという間の2か月でした。
現実からかけ離れた「知らない世界」に吹っ飛んでいたような、「これでもか!」的な
試練に立ち向かっていたかのような、私としては、こういうことは「また?!」だったのですが
久しぶりの山か谷を通ってきました。

そうしてたどり着いたこの青いドアの家は、以前自宅にしていた家です。
6月から仕事場になりました。やっと仕事を再開しました。

ある日突然なんの予定も計画もなく、青いペンキを買い、一人黙々と塗り替えた日も
もう何年前?  少し剥げかかっていますが、それなりに雰囲気を保っています。

何をやっていたのか?何からやったらいいのか?
手を休めていただけではなく、記憶まで休止していたような2か月で
秋までの仕事とこの夏場の仕事の依頼を、仕事場の片づけをしながら思い出して
慌てている今日この頃です。

この青いドアの仕事場で仕事をしています。  これからもよろしくお願いいたします。


  1. 未分類
  2. | comment:0

春便り :: 2016/03/21(Mon)



冬の間、冬眠していましたブログ再開します。
私は冬眠とはならず年明けから何かと気ぜわしい日々を過ごしていました。

「春の足音」という言葉を使いたくなる盛岡の今日この頃、暖かくなってきました。
ホームスパンのコートもそろそろブラッシングをして、冬の埃を落としましょう。

春  こんなマフラーもいいかな
シルクオーガンジーのマフラーを淡いグレーに染色して、花模様の羊毛を乗せて
フェルトしました。ふわふわした装いも洋服ではちょっと?ですがマフラーでなら春らしさを
演出できて、気持ちも明るくなります。


  1. 未分類
  2. | comment:0

ひつじ年の出来事 :: 2015/12/10(Thu)



12年前の未年の初めに私が買ったものは、年賀状用の羊のハンコでした。
「次は12年先なんだからー」とか言って、1,5センチ角の色々な羊のスタンプ10個位・・・
それはしおりや名刺、封筒やカードなどなど、実に活躍してくれました。
まだまだ使えます。ハンコって凄いなーって、改めてアナログな道具の良さを感じたりしています。
若かったこともあります。面倒なことが楽しかったりするのです。
パソコンで名刺を印刷、しおりを制作、アクセントにハンコをペタッ!
ここでも手作りを楽しんできました。

そして今年の未年は・・・・・
6月にホームスパンの本の取材(まちの編集室より10月出版) その後、盛岡の街の情報誌
マ・シェリ、毎日新聞「岩手旬の人」に載り、12月に入ってカルチャースクールのテレビ取材と続き
羊関連の取材満載の1年になりました。
お陰様で若い方々との交流も生まれ、ホームスパンや盛岡ツイードを知ってほしいという
私の想いが広まるきっかけにもなりました。
取材してくださった方々には感謝いたします。

痛かった指も治り、忙しすぎた実家の仕事も片付き、来年は「作るのみ」の年になることを
祈らずにはいられません。
まだまだ忙しい未年は終わりませんけど・・・・


  1. 未分類
  2. | comment:0

師走 :: 2015/12/01(Tue)



師走、、、1年の締めくくりのため?来年に繋ぐため?
やり残したことを片づけるため?
とにかくみんな忙しくなる月。
スーパーではクリスマス色、お正月色に染まり、普通に暮らしていても
いやでも目に入ってくる赤や緑、金色。
私はいつからこの行事が嫌いになったのか、なぜ嫌いになったのか、わからない。
心が暗くなる。早くお正月が終わって普通の生活に戻ることを待つだけ。

師走前から慌ただしく、織る仕事が進まず、ずいぶん前から織りの途中に
なっている仕事を片づけました。これからまだいくつか年内に織る仕事があります。
こうして仕事に追われていることはありがたいなーと素直に思っています。


  1. 未分類
  2. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。