手しごと日記

日々の制作風景




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

秋色納品ー2 :: 2015/09/12(Sat)



今秋盛岡ツイードのポーチ、マットとコースターに続き納品しました。
こちらは雑貨店hinaさんにお届けしました。

グリーンとからし色を含む7色です。
布の厚みがふっくらとボリュームを出していて手に取るとそのあたたかさが
伝わってきます。
革のアクセントがツイードととっても合っていて、バランスもいい具合になっています。

震災のあと、思うように糸を紡いだり織ったりする元気が出なく、
ミシンを出してリネンの小物を作ったりしていました。
そんな時、友人から「福島の被災した子供たちにスクールバッグを作って」という
呼びかけがあるというメールが届きました。
早速布とテープを買い、指定されている大きさ、形に、4個(男の子用と女の子用)作ったり
しました。
その時 こう思ったんです。
「あー誰かの役に立つ物を作るって、物を作ることに向かうって、こんなにうれしく
心がホッとすることだったんだ」
私自身40年もの間、それなりに物を作り、仕事を維持し、生活の支えにもしてきたけれど、
辛かったり、プレッシャーに押しつぶされそうになったり、お金にならない空しさだったりと
結構大変だったんです。もちろん楽しいと感じたり、喜びや作る意味、意義はあるけれど、
まー楽な仕事ではなかったなと今も思っています。

もっと楽しく作っていいんだ、楽しさが伝わるような、生活に役立つ小物
それをウールの布でできないかなー、、、、

そうしてできたのが「盛岡ツイード」 なんです。

このポーチを見るとそのスタート地点を思い出したりします。

ちなみに、ヴォーグ社呼びかけのスクールバッグは、2000個の予定のところに
6万個集まったそうです。私と同じく4個作った人が多かったみたいです。
あの震災の時、私のように誰かのために・・・・が実は自分のためで、
物を作ることで心が救われた人がたくさんいたんですね。
スポンサーサイト


  1. 作品紹介
  2. | comment:0
<<お祭り | top | 秋色納品>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。